スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランドファイナルをちょっとだけ振り返ってみましたw

総合結果はみなさんご存じのとおりですが

レース中の順位変動をグラフってみました (^_-)-☆

Result_Graph.jpg

ラップタイムの平均を見てみると 
(LiveRCのデータをベースにしたので小数点以下1桁で揃えましたww)

Res. Name Nat. Car Eng Ave. Lap Ave.in Pit
1 Robert Pietsch DEU MUGEN NOVAROSSI 16.4 22.6
2 Keisuke  Fukuda JPN MUGEN NOVAROSSI 16.4 22.7
3 Dario  Balestri ITA CAPRICORN NOVAROSSI 16.3 22.8
4 Takaaki  Shimo JPN KYOSHO O.S SPEED 16.5 22.8
5 Atsushi  Hara JPN MUGEN O.S SPEED 16.5 23.6
6 Shinya  Shimazaki JPN MUGEN NOVAROSSI 16.7 22.6
7 Robin  D'Hondt BEL MOTONICA G-mar 17.1 24.4
8 Simon  Kurzbuch CHE SHEPHERD NOVAROSSI 17.1 26.2
9 Takehiro  Terauchi JPN MUGEN NOVAROSSI 16.4 23
10 Paul  Lemieux USA X-RAY MAX 0 0
(元データも小数点一桁なので正確なデータとは違っているはずです  あしからず (^^ゞ)

全体的にNOVAエンジンのタイムが良いですね (^_-)-☆

O.Sユーザーの下選手、原選手は安定してちょとだけNOVA勢の下って感じです


ピットインのサイクルと回数は

Res Name Nat. Eng Pit-in 回数 サイクル
1 Robert Pietsch DEU NOVAROSSI 11 16,14,14,14,14,14,14,⑭,15,15,14
2 Keisuke  Fukuda JPN NOVAROSSI 12 15,14,14,14,14,14,14,⑫,14,14,14,14
3 Dario  Balestri ITA NOVAROSSI 12 15,14,14,14,⑬,14,14,13,13,13,⑬,12
4 Takaaki  Shimo JPN O.S SPEED 10 18,16,17,17,16,⑯,15,16,16,14
5 Atsushi  Hara JPN O.S SPEED 9 17,16,16,17,17,17,⑰,17,17


(雨天中止の段階で走行していた5台です)

サイクルの○がついているところはタイヤ交換と思われるロングピットインのタイミングです


原選手の17周サイクルのピットインは大きな武器となるはずだったのですが....

ちょっとばかりスピードが足りなかったのかもしれません (^_^;)

このレースをデータで解析??(そんなエラそうなものでは無いwww)

してみると

一番速かったのは ダリオ選手だったようで
2回のロングピットインが無ければ ダントツでトップを走っていたかもしれません (^_-)-☆

まあ、タラれば ですけどwww



っという風に 実際には見ていないレースを
ラップデータを見ながら想像してみるのも

なかなか面白いもんです (^_-)-☆



詳細なレポートは現地に行ってた方々の後日レポートを待つことにして...



なんとなくすべてが解ったつもりになって喜んでますw (^^ゞ



早く映像がみたいな~~
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ダリオの2回のロングピット・・・

ソレはタイヤ交換デス。(^^)v

他の選手が1回で済ませるところをスピードを活かしてブッ飛ばしマクル作戦だったようデス。

レースがもし60分キッチリ走っていたら・・・

ワタクシはダリオに賭けますナ。(^^ゞ

No title

ハチイチ世界戦の展開分かりやすくまとめていただいてありがとうございます~
REDRCは読んでいますが、なかなか整理できなくて…。

ハラ選手他日本勢の活躍が目立ちましたね!

最近ちょっと元気のないMUGENもこれで復活かな!
XRAY、モトニカ、シェパード、カプリコーン、京商とまんべんなくファイナルには残ってるし
(サーパントが…)

どん底だった日本のGPツーリングはR4の登場でちょっと盛り上がってます!
さらにこれがプラスアルファになるといいですね~

No title

HAYAさん

ダリオのロングピットはやはりタイヤ交換ですか (^_-)

デカタイヤを使わないという作戦だったわけですね (^_-)-☆

確かにデータを見ても
アベレージラップタイムが速いですから納得の作戦です

しか~し、 私のシュミレーションでは

60分走りきると 

順位は

1. ピーチ  215周 60:15.9
2. ダリオ  214周 60:09.6
3. 福田   214周 60:13.1
4. 下     214周 60:18.3
5. 原     213周 60:10.8

こんな感じになった ハズ???

波乱が無くみんながアベレージラップで走行を続け
ピットタイミングもルーティーン通り進むと仮定しています (^_-)-☆

まあ、実際のところ
そうすんなりいったはずもないので大どんでん返しもなかったとは言えず

誰がどうなったかなんて 解るはずもありませんねwww

しかし、ダリオのスピードが終盤でトップを走るピーチの脅威になっていた事は
間違えないとは思います (^_-)-☆

No title

MUGENは
実はMRX-5が出てからハチイチ界では一人勝ち状態が続いているようです (^_-)-☆

ただ、ハチイチ自体をやってる人が...... (^^ゞ

ですwww



R4でGPT人気が復活ですか?
MUGENのMTX-5も発売間近という状況ですから
ちょっと期待できるでしょうか (^_-)-☆

私もボチボチとGPTをやっていくつもりです (^^)v


今回の世界戦での活躍が目立った NOVAエンジンも
GPTでちょっとやってみたくなりましたね~ www

2011年モデルの
FLASH.12 PT TUNED なんて見た目からスゴクインパクトありますよね

(^_-)-☆

No title

たしかに!!

Deeさんのおっしゃる通り。(^^)v

No title

HAYAさん

なんでも計算通り事が進むのなら

レースはツマラナイでしょうね (^_-)-☆

焦ってミスしたり興奮状態で普段以上の力を発揮したりw

なんてドラマが無いとね~~


今年はピーチが勝つべくして勝ったようなイメージです (^^)v



そして これは言っちゃ~~まずいですが

日本人としては....


最後の最後で ピーチとダリオが絡んで...


1位 福田選手、2位 下選手、3位 原選手ってのが見れたら ヽ(^o^)丿


だったんですがwww  ねっ!! (^^ゞ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Dee

Author:Dee

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。